ページの上部へ

CLOSE

美容再生医療

NK/NKT/γδT

活性NK/NKT/γδT細胞療法

NK細胞、NKT細胞、γδT細胞とは

初めて遭遇する異常細胞でも認知できるのが、自然免疫の特徴です。NK細胞、NKT細胞、γδT細胞は、他の免疫細胞の指令を受けることなく、独自の受容体を使ってがん細胞を認識し直ちに攻撃します。これらは手術などで取りきれなかったがんや、転移、見つけにくい微細ながんにも直接攻撃し撃退することができます。

NK細胞
がん細胞やウイルス感染細胞などの異常細胞見つけ次第、単独で攻撃をするリンパ球です。T細胞、B細胞といった他の免疫細胞もがんなどの異常細胞に攻撃を仕掛けるのですが、抗原抗体反応により動きが制限されてしまいます。それらに対してNK細胞は、抗原抗体反応がないため、自由且つ柔軟に攻撃をすることが出来ます。がん細胞を攻撃する免疫細胞の中でも、NK細胞は重要な役割を担う細胞だと言えます。
NKT細胞
T細胞、B細胞、NK細胞に続く第4のリンパ球と言われていて、他の免疫細胞を活性化することにより、がん細胞などに対して細胞死を誘導する中心的な働きをします。
γδT細胞(ガンマデルタT細胞)
細胞表面に通常のT細胞とは異なるタイプの多彩なT細胞受容体を持つ細胞集団のこと。正常細胞ががん化していく変化を敏感に感知することができます。 NKT細胞とγδT細胞は、T細胞の特徴も併せ持っているため、キラーT細胞のように樹状細胞により活性化されます。また、正常細胞とがん細胞を見分けて、がん細胞だけを攻撃することもできます。

こんな方におすすめ

  • がんを治癒させたい
  • がんの症状を緩和させたい
  • がんの進行を抑え、長く健康でいたい
  • QOL(生活の質)を改善させたい

最先端のがん治療
「がん免疫細胞療法」

がんは遺伝子病であり、免疫病です。
ヒトに生来備わっている免疫メカニズムを応用した「がん免疫細胞療法」は、がん細胞を攻撃するだけでなく、不具合が起きた遺伝子の修復を助け、がんの元になるがん幹細胞を撃退できる画期的な治療法です。
ヒトの体には病気を自ら癒す天与のメカニズム「免疫システム」が備わっています。 がん細胞やウイルス感染細胞などの異物を自ら排除する免疫システムを研究して生まれたのが「がん免疫細胞療法」です。 免疫には主に2通りあります。予防接種のように後天的に攻撃対象を記憶させ、特定の対象を攻撃する仕組みを「獲得免疫」といい、体内をパトロールし異物があれば攻撃する仕組みを「自然免疫」といいます。

がん細胞を標的にピンポイントでがんを叩く「多価樹状細胞ワクチン」

樹状細胞は免疫システムの司令塔です。がん細胞の目印(ペプチド)を攻撃役の免疫細胞(キラーT細胞)に提示して、この目印を持つがん細胞を攻撃します。がん細胞のアポトーシスを誘導して、死滅させるしくみです。
※ロングペプチドを使った当院の「多価樹状ワクチン」は、キラーT細胞のはたらきを助けるヘルパーT細胞をも活性化できるので、さらに高い効果を得られます。

nkイメージ

がん細胞を無条件に攻撃する「活性NK細胞療法」

ヒトの体の中では、がんの殺し屋と呼ばれる「ナチュラルキラー細胞(NK細胞)」が活動しています。自然免疫と呼ばれるこれらの免疫細胞は、全身をくまなくパトロールし、がん細胞やウイルス感染細胞を一斉攻撃します。

nkイメージ

活性NK/NKT/γδT細胞療法

がん細胞を無条件に攻撃する「自然免疫」を高度に活性化する免疫細胞療法です。 ヒトの身体の中では、がんの殺し屋と呼ばれる「ナチュラルキラー細胞(NK/NKT細胞)」や「ガンマ・デルT細胞(γδT細胞)」が活動しています。 これは自然免疫と呼ばれるもので、全身をくまなくパトロールし、がん細胞や悪性化しそうな異常細胞を一斉攻撃します。 「活性NK/NKT/γδT細胞療法」では、患者さまの体内からこのNK/NKT/γδT細胞を取り出し、体外で大量培養・高活性化して再び体内に戻します。
がんと十分に闘えるだけ自然免疫力を増強させる治療方法です。

nkイメージ

活性化されたNK/NKT/γδT細胞は、血液の流れにのって全身を巡り、がん細胞を発見すると直ちに攻撃して撃退します。
手術などで取りきれなかったがんや、転移、見つけにくい微細ながんをも直接攻撃します。
また活性NK/NKT/γδT細胞は、再発を防止する目的でも効果が期待できます。
副作用はほとんどありません。

治療の流れ

通院での治療が可能です。
2週間ごとに少量の採血と、活性NK/NKT/γδT細胞の点滴を受けていただきます。

nkイメージ

無料カウンセリング
患者様とご相談しながら、患者様の状態を把握し、最適な治療計画を組み立てます。
初回検査
活性NK/NKT/γδT細胞療法による治療を実施する場合、腫瘍マーカー、感染症検査を行います。
採血
静脈血を少量採血します。
注入
2週間ごとに少量(25ml程)の採血をし、増殖、活性化したNK細胞、NKT細胞、γδT細胞を患者様の体内に注入します。患者様ご自身の血液を使用しますので、副作用はほとんどありません。

詳細情報

施術時間
約30分
通院
採血後、後日点滴を行います
腫れ・痛み
刺針時の鈍痛(個人差あり)
麻酔
なし
入浴・洗顔・洗髪
当日より可
激しいスポーツ
3日後から可