ページの上部へ

CLOSE

美容再生医療

ABOUT

美容再生医療とは

満足と笑顔を世界中の患者様に

美容再生医療とは、私たちが持っている自己再生能力を活用した、
肌の再生と若返りを実現するアンチエイジング方法です。

当院では患者様の「若さを取り戻したい」「いつまでも美しくありたい」
そんな気持ちに寄り添うべく、再生医療を応用し、
脂肪幹細胞を用いた脂肪注入をはじめ、しわやたるみなどの若返り治療、
毛髪の再生等を行っております。

現代の再生技術
「再生医療」とは

再生医療(Regenerative Medicine)とは、病気や事故によって欠損や機能障害を起こした身体の
細胞や組織、器官を再生し、失われた人体機能の回復を目指す医療です。

これまで医療の現場では、何かしらの原因によって組織や臓器を失ってしまった方に対して、薬や手術といった手法で治療してきました。
しかし、大規模な損傷の場合、薬や手術では対処できないことがあります。そこで行われてきたのが「臓器移植」です。
臓器移植は組織や臓器の移植に有効な治療方法ですが、他人の臓器を移植するため、
倫理的な課題はもちろんのこと、拒絶反応やドナーを探さなければならないといった問題があります。
倫理的課題や拒絶反応のある「臓器移植」に対し、近年最先端医療として研究が進められているのが「再生医療」なのです。

再生医療を実際に行う手法として、クローン作製、臓器培養、多能性幹細胞(ES細胞、ips細胞)の利用、自己組織誘導の研究などがあります。
「自己組織誘導」にはさい帯血移植や幹細胞治療、免疫療法、PRP、サイトカイン療法などがあり、
アメリカでは幹細胞から人間の「胃」を作り出すこと、イギリスでは臓器を自己再生し正常に機能させることに成功しています。

このように再生医療は世界中で研究が進められ、大きな期待が寄せられているのです。

再生医療を応用し、
誕生した「美容再生医療」

再生医療とは、生まれつき、あるいは疾病・不慮の事故・加齢に伴い、欠損・損傷・機能低下した組織や臓器を、
患者の体外で培養した細胞や組織を用いて修復再生し、機能を補完する医療です。
従来の対症療法に対し、欠損・損傷した臓器を再建させることで、疾病や損傷への根治療法が可能となり、
患者や高齢者、障害者の生活の質 (QOL:Quality of life)が飛躍的に向上し、社会復帰と生活自立が可能となるため、医療分野にとどまらず、
産業構造、社会構造の変化をもたらすことが期待されています。
当院では、細胞や組織を再生し失われた人体機能そのものを回復させるという、従来の医療とは全く異なるアプローチから根治療法を目指しています。

CONTACT

お問い合わせ